ループイフダンでFX自動売買システムトレード

kukakuです。当サイト限定オリジナルレポート贈呈中。アイネット証券のシストレi-NETや、ひまわり証券のエコトレFXにて完全自動売買が可能な売買システムとして搭載されている「ループイフダン」を活用した資産運用の実売買記録を公表し、検証をしていきます。  「ループイフダン」に関する、各種情報や利用方法についても触れていきます。トライオートFXに関する運用状況も公表していきます。
シストレiNET

私の取引経験から、自信を持ってお勧めできます。
現在、限定タイアップキャンペーンにより、これからループイフダンを始める方に最適なオリジナルレポートのプレゼント実施中です。
このブログでも紹介しているループイフダンの公式ガイドブック的な書籍の編著者である私が書き下ろした、このキャンペーン特典でしか手に入らない完全なオリジナルレポートです。

私自身が、実際の本番取引をし、このブログで成績等の報告をしているループイフダンは、アイネット証券が提供しているシストレi-NETに搭載されている売買システムの一つです。

私が、このループイフダンを資産運用の一つとして、FX取引の経験の有無を問わず、全ての方にお勧めしたいのには、いくつかの理由があります。

まず最も重要な点ですが、運用成績が抜群に良い点です。
当たり前ですが、資産運用ですから、これば悪ければ話になりませんね。
ブログ内の左側の列に「ループイフダン 月別実現損益」欄があります。
この成績をご覧になると分かりますが、毎月毎月、本当に安定して利益を上げ続けています。
もちろん、この成績の数値は、私自身の本番取引の結果そのものであり、全て、このブログ内で報告してきたものに他なりません。

運用開始からの当初1年間では、約21,000pipsもの利益を獲得できました。
FX取引の経験の浅い方には、21,000pipsという数値にピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますが、相当の経験者でもこの成績は簡単に出せるものではないレベルだと言っても、過言ではないことだけは間違いありません。

次に、完全自動売買だという点です。
FX取引の経験が浅い方にとっては、自分自身で、高性能のチャート分析や為替ニュースの分析をすることは容易ではありませんし、まして、それを基に自分自身で新規注文や決済注文をするなどというのは、怖くて手が出せないと思います。
それに、そんな状態で利益を出そうというのは、無理な話ではないでしょうか。

しかし、ループイフダンは違います。
完全自動売買ということで、利用者自身が、チャート分析やニュースを見る必要などありませんし、当然、取引の注文も全てループイフダンが代行してくれます。
つまり、FX取引の経験に関しては、完全に不問なのです。
例えば、私が利用していた「ループイフダンB25_25(ドル円)」という売買システムを選択し、最大ポジション数等の設定を私と同じ設定にしてしまえば、私とほぼ同じ、1年間で約21,000pipsの利益という成績が得られたといった感じです。
(完全に同じ成績と言えないのは、若干のレートの動きの差があるためで、実際にはごくわずかな差です。)
しかも、人間には絶対無理な、24時間体制でレートを監視し続けて、利益獲得のチャンスを常に狙い続けてくれます。

少し話がそれますが、巷では、売買シグナル配信サービスというものが存在します。
検索してみれば、いくつもヒットするはずです。
そして、実は、私自身もこのサービスを1年間以上利用した経験の持ち主です。
これは、売買をするタイミングが来た時に、リアルタイムでメール送信で知らせてくれるサービスです。
自分自身でチャート分析等をする手間はありませんが、24時間、いつ来るのか分からないメールを待ち続ける上、注文自体は利用者が自分でする必要がありますので、仕事中は無理ですし、夜中に起こされて寝不足続きになり、いくら良い成績が望めるものであっても、長続きするのは無理だとあきらめたことを、今でも覚えています。

そして、最後にアイネット証券の場合、手数料が無料だという点です。
FX業者の中には、ループイフダンと同じような手法の取引をする自動売買取引を提供しているものがありますが、取引手数料がかかることが通常です。
この差は、長く続けていくほどに大きな利益差となって必ず現れてきます。
また、アイネット証券は、口座開設、口座維持の各手数料や、システム利用料も無料です。
FX初心者の方には、ちょっと難しいかもしれませんが、アイネット証券のシストレi-NETのスプレッドは、他社の自動売買システムトレード口座のスプレッドと比較して、総じて狭くなっており、この点も大きなアドバンテージとなっています。

ここまで読んでいただいた方なら、「自分も、完全自動売買の手軽な資産運用でありながらも、しっかりとした利益の見込めるループイフダンを利用してみよう」と、多かれ少なかれ感じられたのではないでしょうか。

そんな方は、まずは、下のバナーからアイネット証券の公式サイトでのループイフダンの詳細解説をご確認いただければと思います。
  シストレiNET
現在、限定タイアップキャンペーンにより、これからループイフダンを始める方に最適なオリジナルレポートのプレゼント実施中です。
このブログでも紹介しているループイフダンの公式ガイドブック的な書籍の編著者である私が書き下ろした、このキャンペーン特典でしか手に入らない完全なオリジナルレポートです。

FX取引の経験が浅い方でも、このオリジナルレポートをご覧いただければ、迷わず運用を始められることと思いますし、完全自動売買とはいえ、このレポートに記載している事項だけは理解しておいていただきたい内容となっています。
(この上のバナー等、ブログ内にあるバナーから新規口座開設をした方のみがレポートプレゼントの対象となりますので、ご注意をお願いします。)
「みんなのシストレ」も完全自動売買システムトレードで、お勧めです。
現在、当サイトとの限定タイアップキャンペーン実施中により、通常のキャッシュバック5,000円とは別に、さらに3,000円のキャッシュバックが受けられます。

トレイダーズ証券が提供している、FX自動売買取引ツール「みんなのシストレ」は、誰でも手軽にFXのシステムトレード運用をすることができるサービスです。

最近では、FX取引を始める際に、システムトレードを選択される投資家の方が増えています。

システムトレードとは、あらかじめ決められた売買戦略に基づいて取引をする手法であり、自分自身でチャート分析や為替ニュースを分析して取引をする裁量取引とは相対するものです。
システムトレードでは、取引の意思決定において、投資家の感情が入りませんので、FXで失敗する大きな原因の一つであるこの感情を排除できることは、大きな利点です。
ただし、これまでのシステムトレードでは、売買戦略そのものを投資家自身で構築しなければならないことも多く、結局はFX取引の知識や経験が求められ、初心者には敷居が高かったのも事実だと思います。

しかし、「みんなのシストレ」では、多数のストラテジー(売買戦略)があらかじめ登録されており、利用者は、その中から気に入ったストラテジー(売買戦略)を選択するだけで、あとはストラテジーが24時間、新規取引から決済まで、全ての取引を完全自動売買で行っていきます。
したがって、利用者自身が、売買戦略を構築する必要はありませんし、裁量取引のように難しくて面倒で時間のかかるチャート分析(テクニカル分析)をする必要も一切なく、個々の知識や経験は求められませんので、FX初心者の方でも問題なく運用を進めることが可能です。

このように、「みんなのシストレ」は、FX取引の経験の有無を問いませんので、初心者から玄人まで、誰でも手軽に効率的なシステムトレード運用を可能とした取引ツールだと言えます。

私の取引成績を含めたの日々の運用状況については、こちらのブログで、随時更新していますのでご覧ください。(「みんなのシストレでFX完全自動売買システムトレード」)
私自身の本番取引の経過を全て公表していきますので、「みんなのシストレ」を利用される方のストラテジー(売買戦略)選び等の参考としていただければ幸いです。

私がこれまでに行ってきた実売買の記録は、上記のブログで紹介している通りですが、現在まで、トータルプラスを確保できています。

「みんなのシストレ」の概要については、下のバナーから、トレイダーズ証券の公式サイトをご参照ください。
  みんなのシストレ
現在、「みんなのシストレ」では、取引1回のみで、現金5,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中です。
さらに今なら、当サイトとの限定タイアップキャンペーン実施中により、通常のキャッシュバック5,000円とは別に、さらに3,000円のキャッシュバックが受けられ、合計8,000円のキャッシュバックのチャンスです。
進化が止まらない「トライオートFX」
インヴァスト証券が、2014年3月にリリースして実績も十分になってきた「トライオートFX」です。
私自身も、実際の取引を通じて実現利益を積み重ねているところですが、このあたりの運用状況の詳細については、全てこちらのブログ記事にて公開していますので、ご参照ください。

「トライオートFX」では、AP注文(オートパイロット注文)と呼ばれるものが最大の特徴なのですが、これは、利用者が任意で条件を設定するだけで「新規→決済→新規」を繰り返すIf Done注文のことです。
「シストレ24」の名でお馴染みの「ミラートレーダー」や、ループイフダンの「シストレi-NET」では、あらかじめ登録されている売買システムを選択して自動売買をしていきますので、この点に違いがあります。

一つのAP注文だけでは、取引チャンスも限られてしまうのですが、これを複数設定することで、きめ細かな自動売買ロジックとすることができます。 この設定については、マニュアル等の解説を読めば誰でも設定できるように工夫されているのですが、実は、「トライオートFX」には、あらかじめ「仕掛け」と呼ばれるものが登録されています。 「仕掛け」とは、AP注文を複数設定したもので、数千種類もの「仕掛け」の中から選択するだけで、すぐに「トライオートFX」を実戦へと移すことができるように準備されています。
この「仕掛け」を利用するのであれば、自分自身で複数のAP注文を作る必要はありませんので、売買システム選択型の自動売買と同じ要領で取引を進めることができます。

「仕掛け」を利用することで、ループイフダンと同じイメージで自動売買を繰り返していくことができますし、慣れてくれば、この「トライオートFX」を活用することで、自分自身の任意の値幅でループイフダン的な「仕掛け」を作ることができます。
「トライオートFX」では、通貨ペアが17種類もありますので、この点でもループイフダンよりも自由度が高くなっていますし、戦略の幅が広がります。

「トライオートFX」では、これまでにもシステムの大幅リニューアルが行われていますが、先日、新たな「仕掛け」として「レンジフォーカス」が追加されました。
これまで、「レンジ追尾」が主力でしたが、今後は、これの改良版である「レンジフォーカス」が主流となるかもしれません。
いずれにしても、利用者が完全自動売買で利益を上げられるように改良されてきており、資産運用の一つとして十分にその選択肢となり得ると思います。

スマホアプリも充実しており、スマホでも仕掛けランキングの検索が可能ですから、家でも出先でも場所を選ばすチェックできるのも嬉しい機能です。

上記は、トライオートFXの一部にすぎませんので、まずはトライオートFXの口座を開設し、実際の取引画面をご自身の目で確かめていただきたいと思います。

このように、「トライオートFX」は自動売買システムトレードの取引ツールの一つですから、「シストレ24」等のミラートレーダーや、ループイフダンといった自動売買システムトレードの有効性を理解されている方であれば、十分にその良さをご理解いただけることと思います。
「トライオートFX」の仕組みの概要については、下のバナーからインヴァスト証券「トライオートFX」の公式サイトをご参照ください。
「百聞は一見にしかず」ということわざの通りで、口座開設の上、実際の取引画面をご覧いただくことで、その凄さはすぐにご理解いただけます。
  トライオート
現在、10,000円キャッシュバックが受けられますので、これから「トライオートFX」を始められる方にとっては非常に有利な条件で運用開始ができます。
「決済トレール」の追加で、トラリピに注目が集まっています!
マネースクウェア・ジャパンが提供している連続注文系のFX取引ツール「トラリピ」に注目が集まっています。
トラリピと言えば、連続注文系の取引ツールの元祖であることは周知の事実です。
その後、ループイフダンを始めとして、細かな仕様は異なるものの、連続注文系の取引ツールが各社から提供されているわけですが、ここに来て、トラリピへの注目度が高まっていますのでご紹介していきます。

ループイフダンに興味をお持ちの方であれば、トラリピの基本的な取引手法は説明する必要はないかと思いますが、基本的にはイフダン注文が、あらかじめ設定されたルールに従って、自動で連続的に発注されていくというものです。
ループイフダン同様に、最初の設定さえしてしまえば、あとは完全自動売買ですから、投資家の負担が少ないのが魅力です。

このブログでは、ループイフダンを紹介していますが、それは私自身の取引経験から、ループイフダンの優位性を感じていたからに他なりません。
しかし、最近の連続注文系の動向を見ていると、トラリピへの注目度の高さが目を引きます。
それは、トラリピの決済方法として、新たに「トレール決済」が追加されたことで、利益の極大化を狙うことができるためです。

トレール決済のイメージは下図の通りですが、トレール決済をご存知の方であればすぐにご理解いただけるかと思います。

無題

トラリピに限らず、これまでの連続注文系の取引ツールは、あらかじめ決められた値幅に達するごとに決済を繰り返すというもので、もちろんこれでも利益をコツコツ積み上げていけるわけですが、実際に運用を続けていると、「もう少しポジションを持っていれば、もっと大きな利益が得られたのにな」と感じることも多々あります。
そんな思いに見事に応えてくれたのが、この「トレール決済」です。

上の図にある通り、相場が狙った方向に進み続けた場合、設定値幅ですぐに決済せずに、決済価格も相場についていきますので、想定していた場合よりも利益が大きくなることが期待できます。

詳細については、トラリピを提供しているマネースクウェア・ジャパンの公式サイト上にアニメーションを活用した非常に分かりやすい解説が掲載されていますので、そちらをご覧いただきたいと思います。
私がここで説明するよりも、分かりやすいと思います。

ただ、これまでループイフダンや、トライオートFXといった連続注文系の取引ツールを数年間、利用しつづけている私が見ても、この「トレール決済」は、今後の連続注文系取引ツールの世界に大きな影響を与えるほどの新機能だと感じています。

トラリピの公式サイトは、下のバナーからリンクしています。
現在、新規口座開設キャンペーンも開催中ですから、これから連続注文系の取引ツールを利用しようと検討されている方は、ぜひご活用ください。
  トラリピ×決済トレール

トライオートFX(限定タイアップキャッシュバック中) 再稼動に向けて、「仕掛け」の選別を行っています。

現在、インヴァスト証券との限定タイアップキャンペーンにより、新規口座開設と取引で、最大13,000円のキャッシュバックが受けられます。
通常では、最大10,000円ですが、このブログ限定でのタイアップで、非常に有利となっています。
特に、このブログ限定での増額3,000円については、新規口座開設とAP注文による往復1回の取引でキャッシュバックされますので、これから始められる方は、間違いなく獲得していただけるはずです。
詳細は、記事の下にあるインヴァスト証券のバナーから、トライオートFXの公式サイトをご訪問の上、ご確認ください。

さて、イギリス国民投票による予期せぬ損失をさけるために、現在、トライオートFXの運用は一時停止中です。
為替レートのスプレッドに関しては、平常時のものになっており、値動きの面でも、徐々に落ち着きを取り戻しているように見えます。
ただ、現状では、国民投票のやり直しの請願の話題が出たり、スコットランドや北アイルランドの独立の話題であったりと、不安定な要素が尽きないのも事実です。

そんな時には、先日新たに追加された「レンジ追尾」の仕掛けを利用するのも一つの手だと思います。
レンジ追尾の特徴として、売り買い両方の注文を発注するので、相場の方向が読みづらい相場に有効ですし、相場が急変した場合でも損失の拡大を軽減できます。
また、一定のレンジ内で価格が上下に動くたびに利益を得るチャンスがありますので、レンジで動く傾向が強い為替相場の特徴を活かした手法といえます。
なお、証拠金はMAX方式を採用しており、一方向の証拠金のみで取引できますから、思いのほか、必要証拠金が大きくならないのも利用しやすい点だと思います。

以上のように、今のような先の見えない相場状況にうってつけとも言える「レンジ追尾」ですが、私も、再稼動に向けて「レンジ追尾」の仕掛けに注目しています。
インヴァスト証券の公式サイトでは、レンジ追尾に適した通貨ペアとして、ユーロドルが上げられています。
そこで、ユーロドルのレンジ追尾として、次のものを利用しようと検討しています。
仕掛けの名前が、「レンジ追尾_ユーロ/米ドル_1k」で、推奨証拠金が、661,000円ということで、利用しやすいのではないでしょうか。
それでいて、過去1年間の実現利益が400,000円を超えていますので、収益率としては、60%を超えています。

このような「レンジ追尾」が「仕掛けランキング」に登録されていますので、利用したい場合には、これを選択するだけですぐに運用を始められます。
自分でAP注文を設定する手間は一切必要ないのも手軽に始められる利点です。

私の今後の予定ですが、来週月曜日から再稼動させる予定で進めています。 「アイネット証券のループイフダン利用者」が急増しているのには理由があります。
1年間で数万Pipsの利益を上げている実績はもちろん、1000通貨単位、取引手数料無料、低スプレッドは、他社の同様のシステムトレードと比較しても、大きな利益差を生み出します。
最も有利な運用ができるのが、アイネット証券の「シストレi-NET」であることは、間違いなさそうです。
  シストレiNET
現在、限定タイアップキャンペーンにつき、これからループイフダンを始める方に最適なオリジナルレポートのプレゼント実施中です。
上のバナーから公式サイトを訪問し、ご確認ください。


新たに搭載された「レンジフォーカス」により、「レンジ追尾」以上の手軽さを実現したトライオートFXです。
  トライオート


[ 2016/06/28 22:22 ] トライオートFX お知らせ | TB(-) | CM(-)

【注目】トライオートFX(限定タイアップキャッシュバック中) 新機能「レンジ追尾」が、本日から搭載されました。

現在、当サイトとインヴァスト証券との限定タイアップキャンペーンにより、新規口座開設と取引で、最大13,000円のキャッシュバックが受けられます。
通常では、最大10,000円ですが、このブログ限定でのタイアップで、非常に有利となっています。
特に、このブログ限定での増額3,000円については、新規口座開設とAP注文による往復1回の取引でキャッシュバックされますので、これから始められる方は、間違いなく獲得していただけるはずです。
詳細は、記事の下にあるインヴァスト証券のバナーから、トライオートFXの公式サイトをご訪問の上、ご確認ください。

さて、タイトルにも書きましたが、本日からトライオートFXに新機能「レンジ追尾」が搭載されています。
今年2月にリニューアルされたばかりのトライオートFXですが、早くも新機能の追加ということで、サービス向上に余念がありません。
しかも、この「レンジ追尾」は新機能というだけあって、利用者の利益獲得チャンスを大いに広くしてくれる優れものです。

まず、「レンジ追尾」がどういうものなのか紹介します。
レンジ追尾は、「売り」と「買い」の同条件の注文を過去1年など広範囲のレンジ(価格帯)に細かく設定する機能で、相場がどちらの方向に動いても利益を得ることができるというものです。
つまり、相場の上昇(買い)、下落(売り)の予測は不要ということです。
しかもこの設定はわずか5分でできるほど簡単なもので、それでいて、運用目安1年という長期間の連続注文が作れます。

売りや買いの相場予想に自信のない方でも安心して取引できます。
相場が急変した場合でも損失の拡大を軽減できます。
レンジ相場で効果を最大限に発揮します。
証拠⾦はMAX 方式を採用。一方向の証拠金で取引できます。
このような特徴がある「レンジ追尾」ですから、本当に誰でもすぐに年間収益率30%超も可能な自動売買システムトレードが始められます。
もちろん、わずか5分の設定でさえもわずらわしかったり、難しく感じられる方には、自分自身で設定する必要がない、「仕掛けランキング」からの選択も可能です。
(私も恐らく、この「仕掛けランキング」から検索して、設定すると思います。その方が、間違いがないという安心感がありますので。)

もちろん、注意点もあります。
トレンドが発生している通貨ペアの運用には向きません。
運用期間は1年程度が目安であり、短期的な運用は向いていません。
両建てとなるタイミングがあるため、スプレッドが二重にかかること、スワップポイントで支払いが生じることがあります。
このような注意点は理解した上で、利用する必要があります。

最後に、レンジ追尾の検証結果を紹介します。

一つ目は、ユーロドルですが、この通貨ペアは、「レンジ追尾」に向いている通貨ペアです。
過去1年間、一定のレンジ幅での推移となっているためです。
買い追尾、売り追尾のみの場合と比較しても、より多くの利益を得ていることが分かります。
(買い追尾、売り追尾だけでも、十分な利益ではありますが。)

無題


次に、ドル円ですが、こちらはこの一年間、下降トレンドが継続しており、このようなトレンドが発生している通貨ペアは「レンジ追尾」には向いていません。
下降トレンドということで、やはり売り追尾が最も利益を上げています。
しかし、買い追尾と比較するとレンジ追尾の方が損失が少なくなっています。
これは、レンジ追尾は買いの評価損を売りの実現益で軽減し、大きな損失を防いでくれた結果です。
このように、相場が予想と外れた場合でも、大きな損失が防げるのは大きな魅力です。

無題2


つまり、トレンドが発生している通貨ペアで、その読みに自信がある時は、その方向での買い追尾または売り追尾を選択すると最も多くの利益が得られます。
ただし、この場合で、相場が予想と反対に進んでいってしまった場合には損失が膨らむ可能性があります。

レンジ相場が続いている通貨ペアであれば、新機能「レンジ追尾」が威力を発揮します。
この場合、予想に反して、上昇か下降のトレンドが発生した場合には、その方向での買い追尾または売り追尾が大きな利益を上げますが、予想が外れたレンジ追尾の損失という面では、買い追尾または売り追尾で予想を外した場合よりも、その損失がかなり減少できる効果が期待できます。

よって、まずは、レンジ相場が続いている通貨ペアを見つけ、そのレンジ追尾を設定することで、予想通りレンジ相場であれば大きな利益を上げられますし、予想が外れてトレンド発生となっても、損失は限定できる、ということになります。

本日から開始されてレンジ追尾ですが、私ももちろん利用開始に向けて検討を始めています。
利益を得る時には大きく取れて、損失となりそうな時には損失が限定できるわけですから、利用者にとっては、非常に扱いやすいものだと確信しています。
既に、仕掛けランキングから選択することも可能ですから、口座を保有されている方は、早速、一度ご覧いただくことをおすすめします。
また、口座をまだ保有されていない方は、口座開設、口座維持の手数料は完全無料ですから、まずは口座開設の上、取引画面にログインしてご確認ください。

仕掛けランキングを見ているだけでも、今後の運用成果に大きな期待に胸が膨らむことと思います。
今の私のトライオートFXの運用成績は、開始4週間で、2,500pips以上の利益を確定させています。
しかも、この成績は、レンジ追尾を使用していないものです。
今後の安定した運用を目指すためにも、レンジ追尾に鞍替えをして、利益の上積みと損失の限定を図りたいと思っています。 「アイネット証券のループイフダン利用者」が急増しているのには理由があります。
1年間で数万Pipsの利益を上げている実績はもちろん、1000通貨単位、取引手数料無料、低スプレッドは、他社の同様のシステムトレードと比較しても、大きな利益差を生み出します。
最も有利な運用ができるのが、アイネット証券の「シストレi-NET」であることは、間違いなさそうです。
  シストレiNET
現在、限定タイアップキャンペーンにつき、これからループイフダンを始める方に最適なオリジナルレポートのプレゼント実施中です。
上のバナーから公式サイトを訪問し、ご確認ください。


新たに搭載された「レンジフォーカス」により、「レンジ追尾」以上の手軽さを実現したトライオートFXです。
  トライオート


[ 2016/06/20 22:31 ] トライオートFX お知らせ | TB(-) | CM(-)

トライオートFX(限定タイアップキャッシュバック中) 証拠金50万円を初回入金し、トライオートFXでの運用開始の準備を進めています。

ループイフダンは、アイネット証券のシストレi-NETを利用して運用していますが、実は、このループイフダンとよく似た取引手法として、インヴァスト証券のトライオートFXというものがあります。
このブログの中でも、トライオートFXについてはご紹介していますので、参考にしていただければと思います。

細かい点でループイフダンとは異なる部分もいくつかあるのですが、最も大きな違いとしては、ループイフダンが「一切損切りをしない」手法であるのに対して、トライオートFXは「設定した値幅に進めば損切りをする」という手法である点ではないでしょうか。

どちらの手法が良いということではなく、これはそれぞれの考え方によるものだと思っています。

ただ、一般的に考えれば、損切りをしないでポジション数が増え、さらに相場が逆方向に進んだ場合には、ポジションを維持するための証拠金が多く必要になります。
限られた証拠金であれば、損切りをするというのも、考え方の一つとしてはありだと思います。

このあたりのことは、インヴァスト証券公式サイトにあるトライオートFXの公式サイトには、トライオートFXの「スタートガイド」があり、詳細な説明が分かりやすくされていますのでご覧ください。
また、口座開設後のマイページ内では、「入門書」等が無料で閲覧できますが、これらを読めば、ほぼ迷うことなく運用を開始できると思います。

さて、私もこれまでトライオートFXについて、いろいろと検討をしてきました。
頭の中では、知識としてはかなり理解できているのですが、結局のところは、実際に運用をしてみないことには、その理解が正しいのかどうかは判断が難しいです。
私の理解が正しいのであれば、ループイフダンと同様に、トライオートFXでも十分に利益を上げることができと確信しています。

そこで、本日、証拠金として50万円の入金を行い、来週からの運用開始に向けて準備をしています。
このブログのタイトルは、ループイフダンということですが、トライオートFXもループイフダンと似ている手法ということで、ループイフダンに興味のある方であれば十分に活用していただけると思いますので、運用状況等をこちらのブログ内で公開していきます。

無題

まだ、トライオートFXの口座をお持ちでない方は、このブログ内にあるトライオートFXのバナーから口座開設をしていただきますと、往復1回の取引で3000円のキャッシュバックが受けられますので、有利に運用を始められます。
このブログとインヴァスト証券との限定タイアップキャンペーンですから、このブログ内のバナーから口座開設をしていただく必要があります。
さらに、インヴァスト証券において実施中の通常の新規口座開設キャンペーンの最大10000円キャッシュバックとの併用が可能であるため、最大で13000円のキャッシュバックとなります。
これからトライオートFXを始めようという方は、ぜひご利用ください。

それでは、私のトライオートFX運用につきましては、運用方法が固まり次第、こちらのブログ記事にてご報告します。 「アイネット証券のループイフダン利用者」が急増しているのには理由があります。
1年間で数万Pipsの利益を上げている実績はもちろん、1000通貨単位、取引手数料無料、低スプレッドは、他社の同様のシステムトレードと比較しても、大きな利益差を生み出します。
最も有利な運用ができるのが、アイネット証券の「シストレi-NET」であることは、間違いなさそうです。
  シストレiNET
現在、限定タイアップキャンペーンにつき、これからループイフダンを始める方に最適なオリジナルレポートのプレゼント実施中です。
上のバナーから公式サイトを訪問し、ご確認ください。


新たに搭載された「レンジフォーカス」により、「レンジ追尾」以上の手軽さを実現したトライオートFXです。
  トライオート


[ 2016/05/20 13:30 ] トライオートFX お知らせ | TB(-) | CM(-)
 
トライオート
 
トラリピ×決済トレール
私も編著者として参加しています!

ループイフダン活用法が満載された書籍(山中康司氏監修)が発売されました。

その中で、私も編著者として参加し、私の投資戦略について詳細に説明しています。
ループイフダンを、これから始める方はもちろん、現在活用中の方にもぜひ読んでいただきたい一冊に仕上がっています。
トライオートFX 月別実現損益
私のトライオートFX(レンジ追尾)による自動売買の月別実現損益です。
カッコ内の数字は、決済回数です。
2016年
  7月 : +1,560.0pips(52回)
  8月 : +1,230.0pips(41回)
  9月 : +1,470.0pips(49回)
 10月: +1,260.0pips(42回)
 11月: +3,014.3pips(210回)
 12月: +2,580.0pips(86回)
2016年合計:+11,114.3pips(481回)

2017年
  1月 : +2,139.6pips(70回)
  2月 : +1,170.0pips(39回)
  3月 : +810.0pips(27回)
2017年合計:+4,119.6pips(136回)

総合計:+15,233.9pips(617回)

(2016年7月4日 運用開始)
(2017年3月18日 現在)

全てこのブログ内の記事で公開してきた実現利益です。
完全自動売買でありながら、これだけの利益を上げている事実をご理解いただけると思います。

  トライオート
ループイフダン 月別実現損益
私のループイフダンによる自動売買の月別実現損益です。
カッコ内の数字は、決済回数です。
(2014年10月20日取引開始)
2014年
 10月 :  +830.5pips(30回)
 11月 : +2,163.9pips(89回)
 12月 : +2,857.6pips(116回)
2014年合計:+5,852.0pips(235回)

2015年
  1月 : +2,605.7pips(101回)
  2月 : +1,507.6pips(59回)
  3月 : +1,183.8pips(45回)
  4月 : +1,088.6pips(42回)
  5月 : +1,356.8pips(49回)
  6月 : +1,507.6pips(55回)
  7月 : +1,160.2pips(44回)
  8月 : +2,201.2pips(75回)
  9月 : +1,908.8pips(71回)
 10月: +1,142.5pips(44回)
 11月:  +883.9pips(27回)
 12月: +1,222.9pips(44回)
2015年合計:+17,769.6pips(656回)

2016年
  1月 : +3,102.4pips(90回)
  2月 : +1,774.3pips(65回)
  3月 : +2,007.8pips(76回)
2016年合計:+6,884.5pips(231回)

総合計:+30,506.1pips(1,122回)

※上記の成績は、全てループイフダンによる自動売買によるものです。


全てこのブログ内の記事で公開してきた実現利益です。
評判通りの圧倒的な利益を上げています。

プロフィール

kukaku

Author:kukaku
アイネット証券のシストレi-NETに搭載されている売買システムの一つ「ループイフダン」を利用して、完全自動売買でのFXシステムトレードを実践しています。

現在のトライオートFX設定状況
現在の私のトライオートFXで利用している「仕掛け」は、次のものです。

 「レンジ追尾_ユーロ/米ドル_1k」

(2016年7月4日 運用開始)
サイトマップ
過去記事の閲覧は、こちらから。

全ての記事を表示する

検索フォーム


シストレiNET